車のナンバープレートについて思ういろいろこと

最近ではあまり見かけることが少なくなりましたが、ときどき、まだ地名の後に続く数字が2桁の車のナンバーを見かけることがあります。
私のお母さんやお父さんが若い頃は、まだ2桁のナンバーが普通だったそうです。
でも、私が物心ついた頃には、もう3桁のナンバーが主流になっていたような気がします。
一体、いつぐらいから3桁のナンバーに切り替わっていったのでしょうかね。
携帯電話の番号も、20年くらいまえは現在の9桁よりも少ない8桁だったそうです。
車のナンバーにしても、携帯電話の番号にしても、登録数の増加に追いつかないために、一桁増やして対応したのだと言われています。
それにしても、よく考えてみると、車のナンバーの数字の桁が少なすぎるように感じます。
地名の後にひらがながひとつくっついているので、それでじゅうぶんに対応できるということなんでしょうかね。
でも、複雑な形のひらがなよりも数字の方が絶対に視認性はいいと思うし、別に4桁から5桁に変わっても、それほど影響はなさそうな気がしてしまいます。お金 急ぎ