声優を目指している方に向ける声優学校卒業者の体験談。

声優を目指し、高校卒業後専門学校に入学する予定の方達に向けて一言。
お金はありますか?です。何故最初こんな事を言ったといいますと、私は高校卒業後奨学金を使い専門学校に入学したからです。入学当時は卒業する前にデビューして立派な声優になるんだ,自分の夢に目をきらきらと輝かせていました。…しかしまだ私は気づいていなかったのです。
卒業後、奨学金を返すのに追われてまともに稽古やボイストレーニングが出来ないという事に。現在私は就職しアルバイトを掛け持ちしています。何故なら奨学金を返さなきゃいけないからです。何で就職せずに劇団なり事務所なり入らなかったのかと思う方もいるでしょう。私は自分で奨学金を借りた際親には一切迷惑かけたくないため何度も「自分で返すから」と言い続けました。だけど母は返済を手伝ってくれるのです。
自分の不甲斐なさにより夢を叶えられず借金だけを残してしまった。そんな母は「気にしなくていい、一緒に頑張って返していこう」そう笑って私に言ってくるのです。
それが申し訳なく、今は自分の声優になる夢より、借金を早く返済して母に楽になってほしいのが一番の夢になりました。
だからもう一度聞きます。
声優を目指す皆様、お金はありますか?ちゃんと家族の事も考えていますか,奨学金を借りてまで行くより、就職して学費を貯めて行ったほうがまだ、声優になる近道かと思います。
どうかこの記事を読んでよく考えてください、目を逸らさず現実を見てください。夢見る事は決して悪くはありませんがリスクもある、という事を心にとめておて下さい。
自分や家族を大切にしてください。