「洗濯物」を外に干す時の、花粉対策のこと

花粉症患者が増えた理由に、スギ花粉の増加があります。

花粉症の症状でお悩みの一つに、洗濯物を屋外に干すことです。

花粉が飛散して衣類に付着してしまうので、晴れていても外干しできないのは辛いですね。

これから皆さんに、洗濯物に多くの花粉が付着した時の対策を紹介します。

まず、一般的に多くの花粉が洗濯物に付着する時間帯は、11時から14時までと、17時から19時頃です。天候によって違いが出てくるものなので、必ずしもそうだとは限りません。

しかし、外に干した洗濯物に多くの花粉が付かないようにするためには、夜間から朝方にかけて、または11時までには取り込んでおきましょう。

洗濯物専用カバーを使用することで、花粉の付着を防ぐ効果があります。しかし風の強い日に洗濯物を干していると、徐々にカバーがめくれてきてしまいます。風の強い日は、なるべく部屋干しを推奨します。

花粉症は辛いですね。部屋干しの臭いが苦手という方には、時間帯と洗濯物専用カバーで対策してみるのはいかがでしょうか。脱毛ラボ vio脱毛